Home > 製品一覧 > 乾燥機 > 乾燥機

乾燥機

省スペース・省エネルギー設計の
FMミキサ乾燥システム

FMミキサは1962年にヘンシェル社より技術導入し、ヘンシェルミキサの名で販売開始。50年にわたり培った豊富な経験と粉体処理技術により、今なお進化し続けています。
 FMミキサ乾燥システムは、材料攪拌型の乾燥装置で、FMミキサの攪拌・混合・粉砕のノウハウを応用した乾燥システムです。
スラリやペースト状の材料を粒状や粉末状にまで乾燥させる場合は、乾燥過程で大きな性状変化を伴うことになります。流動を阻害しやすいチクソトロピー域や高トルクを必要とするモチ状態から大きな団子状態,減率乾燥に陥りやすい大粒状等です。攪拌抵抗が過大な何れの性状でも対応できるのが堅牢なFMミキサであり、これが最大の特徴と言えます。
更に、マイクロウェーブと組み合わせた「高性能乾燥システム」を開発しました。ミキサ容積は1/4(乾燥性能4倍)、エネルギー効率は2倍を達成。更なる省スペース、省エネルギーが実現出来ます。


fmmix01.png

特長

  • FMミキサの強力な対流と剪断が伝熱と蒸発速度を促進
  • ジャケットからの伝熱が大きく、乾燥時間の短縮が可能
  • スラリーから粉末まで色々な材料の乾燥が可能
  • 乾燥だけでなく、混合やコーティングなども同時に可能
  • 装置がコンパクト

用途

電池材料、電子材料、食品、医療品、セラミックス、超硬、樹脂(プラスチックス)
炭酸カルシウム他各種フィラー、カップリング処理、各種汚泥



処理システム

流動式混合機とコンデンサをユニット化した真空乾燥システム
真空乾燥システム

fmmix02.png

  • 低温乾燥に最適
  • 温度を嫌う材料の乾燥に有利
  • 伝熱量が大きくなり時間短縮が可能

除湿エアーを利用した乾燥システム 除湿エアー乾燥システム

fmmix03.png

  • 低露点(-30℃)の除湿風吹き込みにより50ppmでの乾燥が可能
  • PET樹脂結晶乾燥等


処理例

FMミキサ乾燥システムによる処理事例

電池材料
(コーティング)
セラミックス 超 硬 PET 炭酸カルシウム 澱 粉 食品排水汚泥
乾燥システム 真空乾燥 真空乾燥 真空乾燥 除湿エアー 真空乾燥 真空乾燥 真空乾燥
原料性状 スラリ スラリ スラリ ペレット 粉末 脱水ケーキ 脱水ケーキ
溶媒 エタノール
処理量(kg) 150 100 300 80 60 60 80
熱媒体 蒸気 蒸気 温水 蒸気 蒸気 温水 蒸気
熱媒温度(℃) 127 140 75 130 143 60 140
処理時間(hr) 1.6 1.4 1.5 0.7 0.7 2 1
乾燥温度(℃) 45 48 50 150 40 45
最終温度(℃) 110 90 70 175 150 55 70
乾燥前揮発分(WB%) 2.1 50 12 0.3 0.3 52 90
乾燥後揮発分(WB%) 0.1 0.2 無臭 0.004 0.05 0.5 8
Torr 80 80 300 760 80 55 120

fmmix05.png


NEW PRODUCT

FMミキサと電子レンジの融合
マイクロウェーブの力で乾燥・溶融を

マイクロウェーブを利用した新しい高性能処理システムを開発しました。
従来の方法に比べ、乾燥処理能力2〜4倍、エネルギー効率は2〜3倍を達成。
更なる省スペース、省エネルギーが実現出来ます。

fmmix_icon.png


fmmix06.png

特長

  • FMミキサの撹拌力とマイクロウェーブを組み合わせることで、材料に効率的にエネルギーを与えられるように
  • マイクロウェーブで効率的に中から加熱。樹脂の溶融や多孔質な材料の乾燥などに効果を発揮
  • ジャケット加熱だけのミキサ乾燥に比べ、エネルギーの使用量は1/3~1/2に削減可能
  • 処理能力は2~4倍にアップ(ジャケット加熱だけのミキサとの比較)

用途

樹脂の溶融、多孔質物質の乾燥処理、微量水分の除去



処理事例

樹脂の溶融処理

溶融時間は1/5に削減。芯の溶け残りはありません。

No. マイクロウェーブ加熱 ジャケット
加熱
溶融時間[min] 溶け残りの
有無
- 37 有り
- 16 無し
6.5 無し

木粉の乾燥処理

省エネルギーで乾燥処理ができます。

fmmix08.png